アルブチンが美白に効く仕組みとは

植物に由来する天然成分であるアルブチンには、女性の美しさを保つための美白効果があることが認められています。この美白効果については厚生労働省からも認可されているため、信頼性も十分に担保されています。

では、アルブチンはなぜ美白に効果があるのでしょうか?これはアルブチンがシミやそばかす等の原因となるメラニンの合成に関わる酵素であるチロシナーゼに働きかけることで、メラニンの合成を抑制するためです。

また、一口にアルブチンと言ってもα-アルブチンとβ-アルブチンの2種類があるということも大切な知識です。一般的にアルブチンと言うとβ-アルブチンのことを指しますが、実は結合により生成されるα-アルブチンのほうがβ-アルブチンに比べ10倍以上もの美白効果があるとされていることから最近では、α-アルブチンへの注目が高まっています。

そのため、アルブチンを含む化粧品を購入する際にはどちらのアルブチンなのかを良く確認してから購入するようにしましょう。

厚生労働省から認可され美白化粧品に欠かせない成分となったアルブチンですが、副作用について心配されている方も少なからず見られます。しかし、アルブチンは基本的に植物由来の成分であることから極めて漂白効果の強い合成成分ハイドロキノンに比べ遥かに安全性は高く、副作用のリスクは低いとされています。

そのため、アルブチンに対する規制等も存在していません。ただし、アルブチンにもチロシナーゼに働きかけメラニン色素の合成を抑制するという効果が認められている以上、過度な使用は肌の健康を脅かす可能性が否定できないことは知っておく必要があります。

また、同じアルブチンでもα-アルブチンはハイドロキノンとブドウ糖を結合させ生成したアルブチンですから肌への刺激はβ-アルブチンに比べ高いとされています。

その他、副作用とは別にアルブチンに対して人によってはアレルギー反応を引き起こすケースは報告されています。この場合、速やかに医師の診察を受け、今後の使用について相談することが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です