アルブチンが美白に効く仕組みとは

植物に由来する天然成分であるアルブチンには、女性の美しさを保つための美白効果があることが認められています。この美白効果については厚生労働省からも認可されているため、信頼性も十分に担保されています。

では、アルブチンはなぜ美白に効果があるのでしょうか?これはアルブチンがシミやそばかす等の原因となるメラニンの合成に関わる酵素であるチロシナーゼに働きかけることで、メラニンの合成を抑制するためです。

また、一口にアルブチンと言ってもα-アルブチンとβ-アルブチンの2種類があるということも大切な知識です。一般的にアルブチンと言うとβ-アルブチンのことを指しますが、実は結合により生成されるα-アルブチンのほうがβ-アルブチンに比べ10倍以上もの美白効果があるとされていることから最近では、α-アルブチンへの注目が高まっています。

そのため、アルブチンを含む化粧品を購入する際にはどちらのアルブチンなのかを良く確認してから購入するようにしましょう。

厚生労働省から認可され美白化粧品に欠かせない成分となったアルブチンですが、副作用について心配されている方も少なからず見られます。しかし、アルブチンは基本的に植物由来の成分であることから極めて漂白効果の強い合成成分ハイドロキノンに比べ遥かに安全性は高く、副作用のリスクは低いとされています。

そのため、アルブチンに対する規制等も存在していません。ただし、アルブチンにもチロシナーゼに働きかけメラニン色素の合成を抑制するという効果が認められている以上、過度な使用は肌の健康を脅かす可能性が否定できないことは知っておく必要があります。

また、同じアルブチンでもα-アルブチンはハイドロキノンとブドウ糖を結合させ生成したアルブチンですから肌への刺激はβ-アルブチンに比べ高いとされています。

その他、副作用とは別にアルブチンに対して人によってはアレルギー反応を引き起こすケースは報告されています。この場合、速やかに医師の診察を受け、今後の使用について相談することが重要です。

美白に欠かせないのがハイドロキノンのチカラ

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれているほど、高い美白効果が期待できます。海外で一般的なシミの治療薬として使用されてきたハイドロキノンが日本で知られるようになってからまだ日が浅いのですが、コーヒーや紅茶やイチゴなどのフルーツにも含まれる身近な物質でもあります。

一般的にシミの予防効果や美白効果があるとされているビタミンCですが、ハイドロキノンの効果はその約10倍、βアルブチンの約100倍と言われています。ハイドロキノンというのは、シミの主な原因であるメラニンの発生そのものを抑える効果があります。その例えとしてハイドロキノンの商品はシミを取るクリームなんて言われたりも。また、すでにできてしまっているシミの除去にも効果が期待できます。

ハイドロキノンの効果が期待できるシミの種類は、細かいそばかすに肝斑や老人性色素斑など様々です。また、ニキビ跡などで色素沈着してしまっている炎症後色素沈着にも効果があるとされています。これまでシミを消すにはレーザー治療が必要でしたが、ハイドロキノンによって塗るだけで消すことが可能になったのです。

ハイドロキノンはとても強い薬のため、肌が弱いかたや敏感肌のかたの使用は注意を必要とします。ハイドロキノンは濃度が高いほど美白効果が強く表れます。ですがその反面、使用上の注意を守らず正しく使用しなかった場合や、ハイドロキノンが肌に合わなかった場合など、強い副作用が出ることがあるので気をつける必要があります。

ハイドトキノンが肌に合わなかった場合、赤みが出たりや炎症を起こすことがあります。特にハイドロキノンは酸化してしまいやすい物質でもあり、保存期限が過ぎて劣化してしまったことに気づかすに使用してしまった場合など、肌に強いダメージを与えてしまいますので、状態変化には気をつけることです。

それからハイドロキノンというのは、紫外線を浴びることで逆にシミが濃くなってしまう作用があります。ですので、ハイドロキノンを使用する際には同時に紫外線対策が必須です。それを怠ってしまうと美白どころか逆効果になってしまいますので、意識して紫外線対策を行うことが大切です。

また、濃度の高いハイドロキノンを長期間使用し続けると、使用していた箇所が必要以上に白くなってしまうという恐れがあります。高濃度ハイドロキノンを使う際には、色素沈着が薄くなったと判断した時点で即使用を中止するようにして、長期に渡って塗り続けることを避けることです。
もし白斑ができてしまったら、最悪の場合元に戻らなくなってしまうこともありますので、注意が必要です。

美白とメラニン色素の切っても切れない関係

美白にはメラニン色素が大敵!とされていますが、それはなぜでしょう。それはメラニン色素が肌を黒くしてしまうからですよね。肌が黒くなるメカニズムとしては、太陽の日差しを浴びると紫外線の影響でメラニン色素が生成され、肌が黒くなるのはよく知られています。

ではなぜ黒くなる必要があるのでしょうか。実は肌を黒くすることで光を吸収し、身体を守っているのです。もしメラニン色素が正常に働かなければ、肌はダイレクトに紫外線の影響を受けるわけですから非常に危険です。つまり、なくてはならない大切な働きをしているのがメラニン色素なのです。

本来メラニン色素は、肌のターンオーバーによって徐々に排出されるものですが、紫外線を浴びすぎてしまったり、ターンオーバーが乱れたりすると、メラニン色素が肌に残ってしまうため、それがシミやソバカスになってしまうのです。肌の色が黒い・白いというのはメラニン色素の量で決まるので、美白をしたければ、日頃から紫外線を上手に避けメラニンの生成を抑えることと、出来てしまったメラニン色素については上手に排出できるようターンオーバーを正常にすることが大切になります。

メラニン色素の生成に大きく影響する紫外線ですが、実は紫外線には種類があります。UVA・UVB・UVCの3種類です。その中で地上にまで届くのがUVAとUVBです。UVAは、窓ガラスや雲を通過して肌の奥深く(真皮)まで届くのが特徴です。時間をかけて肌に影響を与えることでも知られており、シミ・シワやタルミを引き起こす原因となっています。

UVBは、いわゆる日焼けの原因となっている紫外線です。海や山など太陽を浴びるようなレジャーに行くと、肌が焼けたり、赤くなったりしますよね。それはUVBによるものです。波長が短いため肌の表面に影響を与えます。いずれの紫外線も、メラニンの生成を促すメラノサイトを刺激するため、紫外線を浴びすぎてしまうとメラニン色素が過剰に作られることになり、ターンオーバーの乱れにより排出しきれなかったメラニンがシミやソバカスになるのです。

また近年「光老化」という言葉が聞かれるようになってきましたが、これも紫外線が影響しています。実は肌の老化はおよそ80%が紫外線によるものだと言われています。つまり肌の老化を防ぐ最も効果的な方法は、紫外線対策をしっかりすることだと言えるのです。