美白とメラニン色素の切っても切れない関係

美白にはメラニン色素が大敵!とされていますが、それはなぜでしょう。それはメラニン色素が肌を黒くしてしまうからですよね。肌が黒くなるメカニズムとしては、太陽の日差しを浴びると紫外線の影響でメラニン色素が生成され、肌が黒くなるのはよく知られています。

ではなぜ黒くなる必要があるのでしょうか。実は肌を黒くすることで光を吸収し、身体を守っているのです。もしメラニン色素が正常に働かなければ、肌はダイレクトに紫外線の影響を受けるわけですから非常に危険です。つまり、なくてはならない大切な働きをしているのがメラニン色素なのです。

本来メラニン色素は、肌のターンオーバーによって徐々に排出されるものですが、紫外線を浴びすぎてしまったり、ターンオーバーが乱れたりすると、メラニン色素が肌に残ってしまうため、それがシミやソバカスになってしまうのです。肌の色が黒い・白いというのはメラニン色素の量で決まるので、美白をしたければ、日頃から紫外線を上手に避けメラニンの生成を抑えることと、出来てしまったメラニン色素については上手に排出できるようターンオーバーを正常にすることが大切になります。

メラニン色素の生成に大きく影響する紫外線ですが、実は紫外線には種類があります。UVA・UVB・UVCの3種類です。その中で地上にまで届くのがUVAとUVBです。UVAは、窓ガラスや雲を通過して肌の奥深く(真皮)まで届くのが特徴です。時間をかけて肌に影響を与えることでも知られており、シミ・シワやタルミを引き起こす原因となっています。

UVBは、いわゆる日焼けの原因となっている紫外線です。海や山など太陽を浴びるようなレジャーに行くと、肌が焼けたり、赤くなったりしますよね。それはUVBによるものです。波長が短いため肌の表面に影響を与えます。いずれの紫外線も、メラニンの生成を促すメラノサイトを刺激するため、紫外線を浴びすぎてしまうとメラニン色素が過剰に作られることになり、ターンオーバーの乱れにより排出しきれなかったメラニンがシミやソバカスになるのです。

また近年「光老化」という言葉が聞かれるようになってきましたが、これも紫外線が影響しています。実は肌の老化はおよそ80%が紫外線によるものだと言われています。つまり肌の老化を防ぐ最も効果的な方法は、紫外線対策をしっかりすることだと言えるのです。